料理のレシピ集

納豆汁




材料は、豆腐、油揚げ、こんにゃく、人参などは、 さいの目切りに、その他のものも、細かく切って おきましょう。
納豆
いもがら
こんにゃく
油揚げ
ごぼう
にんじん
里芋
えのき
豆腐
ねぎ(薬味用)
せり(薬味用)
だし汁
味噌
七味唐辛子
2パック
3本
半枚
2枚
半本
半本
3個
1袋
1丁
適宜
適宜
1500cc
150g
適宜
具がたくさん入っていて、すった納豆が入っている山形の伝統の味、納豆汁を作ってみましょう。
  1. ごぼうは、小口切りにし、酢水にひたしてあくをぬいておく。にんじん、油揚げ、豆腐はさいの目きりにしておく。
  2. いもがらは、水でよくもみあらいし、温水に10分くらいつけて戻したものを1cm位に切る。
  3. 里芋は、5mm位の輪切りにする。(大きいときは半月に。)
  4. きのこ類は、いしづきをとって適宜に切る。
  5. ねぎ、せりは薬味用に刻んでおく。
  6. なべに、だし汁と豆腐と納豆以外の材料を入れて煮る。
  7. この間に、納豆をすり鉢に入れてすりこぎでする。すり鉢の底を強くたたくと、すり鉢が割れることがあるので、やや上の斜めのところでする。納豆の形がなくなるように念入りに。なべに入れやすいように、お椀一杯の水を少しづつ入れてのばす。
  8. なべの中身が柔らかくなったら、味噌を入れて、豆腐を入れて味見をする。野菜、豆腐から水分がでるので、ここで味を調える。
  9. 最後に、すった納豆を入れる。ここで納豆があったまったら、火を止める。
  10. 薬味にせり、ねぎ、七味唐辛子をかけるとまたおいしい。
  • 各家庭で入れるものはがまちまちですが、絶対にかかせないのがもちろん、納豆そして芋がら、豆腐、油揚げ、こんにゃく、そして薬味用のせりです。
  • 納豆はすったものをそのまま鍋に入れるのは大変なので、お椀一杯の水を入れて、溶かしてからいれると入れやすいです。
  • 最後に、すった納豆を入れるので、味噌味はやや濃い目にするとちょうどいい按配になります。
  • 納豆を入れてからは、あまりぐつぐつ煮ないのが最大のポイント。煮立てないように、沸騰直前でとめて、アツアツを食べましょう。











新関さとみ













カレンダー
  • 今日
  • 定休日

12月29日(火)から1月6日(水)まで年末年始でお休みを頂きます。12月27日までご注文分は、28日に発送。年明けは1月7日からとなります。

QR

ページトップへ