漬物レシピ集

水菜の米ぬか漬け

水菜

米ぬか
魔法のたれ
500g
15g
50g
100cc
100cc
漬物に加えるだけでも高い栄養価を得られる米ぬかを使って、 水菜の浅漬けを作りましょう。
  1. 水菜は、株の間をよく洗う。株が大きい時は裂いてもいい。
  2. 洗った水菜の水気を切って、ビニール袋に入れ、一株ごとにふり塩をする。茎の方に振るので、株と葉を交互に入れる。
  3. 米ぬかと水で割った魔法のたれを入れて、空気をぬいて冷暗所に置いておく。
  4. 半日程したら、上下を変えて均等に漬かるようにする。翌日には食べられるが、2日ほどすると味がなじんでおいしくなる。
  • 今回は、葉がぎざぎざした水菜を使いますが、つるんとしている壬生菜を使っても構いません。これらを総称して、京菜といいます
  • 水菜は、ビタミンC、そしてカリウム、鉄分が豊富という事で最近注目の葉野菜です。
  • 漬けあがってから米ぬかを落とすために洗うので、いつもの浅漬け(2%)よりも塩の量は多く漬けます。
  • 浅漬けは、素材の味を生かすために薄めのたれでつけます。
  • 米ぬかで漬ける事で、ただの塩漬けよりやさしい味になります。
  • 米ぬかは、春になるとたけのこのあく抜きようとして市販されていますし、お米屋さんでも手に入ります。











新関さとみ













カレンダー
  • 今日
  • 定休日

12月29日(火)から1月6日(水)まで年末年始でお休みを頂きます。12月27日までご注文分は、28日に発送。年明けは1月7日からとなります。

QR

ページトップへ