漬物レシピ集

秋の漬物レシピ



春の暖かい陽気になると、食べたくなるぴりっとしたきゅうりのからし漬に挑戦!
簡単に収穫できるということから、家庭菜園で作っている人も多いラディッシュを使って、三五八漬けを作ってみましょう。
塩とこうじと米の割合が3:5:8の床に漬けます。
こうじの甘みが感じられ、塩漬けとはまた違ったおいしさです。
体を冷やす効用がある夏野菜の代表。なすときゅうりで浅漬けを作りましょう。
基本のなす漬けをマスターして夏を乗り切りましょう。
暑い夏でも傷まずに、食欲を増進させてくれる味の濃いお漬物ですよ。
夏は毎食のようになす漬が食卓に並びます。
食べきれずにすっぱくなってしまっても、美味しく漬け直す事が出来ますよ。
辛めでしょっぱい山形県の北村山郡に伝わるぺちょら漬け。3日ほどで出来る即席漬けの漬け方です。
焼き魚のつけ合わせにもあいます。漬け込むときれいなピンク色に変わりますよ。
余りがちな赤しそと梅酢を使って、家庭で簡単に出来る「生しば漬け」を作りましょう。
秋になり寒くなるほど、なすは甘みが増します。秋なすを使って、即席粕漬けを作りましょう。
秋が近づいて来たら食べたくなる青菜(せいさい)漬と並ぶ山形の代表的な漬物。
秋が深まると食べたくなる青菜(せいさい)。おみづけは、細かく刻むのが面倒だという方におすすめ。
これを食べないと冬を迎えられないという山形伝統の味、青菜(せいさい)漬を漬けてみましょう。青菜とはアブラナ科の一種で幅広で肉厚の茎が特徴です。
山形の秋の味覚、食用菊の王様、もって菊(もってのほか)の甘酢漬け。鮮やかな色、味を長期保存出来ますよ。
簡単な様で、葉と茎の塩分にムラのでやすい、奥の深い白菜漬けをマスターしましょう。
秋の大根のおいしさがあっての甘辛漬。漬物といえば和食にと思われがちですが洋食、中華にも。
甘くて美味しい秋大根を使って、鰹節の風味を生かしたお漬物です。
寒くなると甘みをましてくる、白菜を使って浅漬を作ります。ゆずの香りも豊かです。
ぬかに漬け込み時間をかけて熟成させるたくあん漬。すぐに出来、味はまさしくたくあん漬という即席たくあん漬です。
味には自信があります。これが出来れば「漬物名人」といわれるかも。
食物繊維がたっぷりのごぼうを使った昔からの「たたきごぼう」に挑戦!
生大根を使って、本当に簡単に仕込めます。色づけには、天然の材料、くちなしの実を使ってきれいな黄色に仕上げますよ~。
夏の風物詩の「だし」を冬用にアレンジした「漬物だし」。温かいご飯に最高に合います。
重箱の中をきれいに彩るかぶの菊花漬けに挑戦!格子目をより細かく入れるととてもきれいに花が咲きますよ。
あめ色でぺちゃんこになった塩蔵きゅうり。これを漬け直すと生とは違った味になりますよ。
簡単なのに手が込んでいるように見えるお得な一品。なんとあの都こんぶとスモークサーモンを使います。
春に採って塩蔵しておいたわらびを漬け直してみましょう。
お子さまの大好きなカレー。カレー味のお漬物に挑戦してみましょう。
どんな料理にも添えられ、彩りもきれいなので、ホームパーティーにもってこい。テーブルを華やかにしてくれるお漬物です。
その名のごとく、歯ごたえのいいお漬物です。干している様は、まるでたこ足の様。
中華風のお漬物の代表といえば、甘酢漬け。こちらに辛味としてラー油を使いますよ。
お隣、秋田県の伝統の漬物「なた割り漬け」を市販の甘酒の素を使って簡単に漬けましょう。
自家製の梅干からたっぷり出る汁と梅酢を使って、天然の紅色のお漬物を作りましょう。
市販のたくあん漬を使って、おもてなしの一品に。
市販のしば漬けを使って、おもてなしの一品に。
ごま油としょうがの風味で、いつものきゅうりが中華風に!
秋・冬のお漬物といえば、「大根」といわれるほどの人気の素材です。昆布を入れた酢漬けを覚えて、バリエーションを増やしましょう。











新関さとみ













カレンダー
  • 今日
  • 定休日

12月29日(火)から1月6日(水)まで年末年始でお休みを頂きます。12月27日までご注文分は、28日に発送。年明けは1月7日からとなります。

QR

ページトップへ